Skip to content

【PHPLesson01】 環境構築 & 出力

はじめに

PHPは初心者にわかりやすく、優しい言語であると同時にプロフェッショナルな人も使う言語です。

広く使われているオープンソースの汎用スクリプト言語で、Web 開発に適しており、HTMLに埋め込むことができます。

プログラミングの勉強を始めるためには、言語の書き方である構文を覚えることと書いたコードを実行できる環境が必要です。まずは実行できる環境を整えましょう。

環境構築

PHPを実行する環境を作るためには、OSによって手順が違ってきます。
今回はWebサーバやデータベースも同時に入ったソフトウェアをインスールしていきます。

Windowsの場合

XAMPPというApache + MariaDB + PHP + Perlが入ったパッケージをインストールします。
WEBサーバやデータベース、PHPが入っているので、すぐに開発環境を整えることができます。

Macの場合

Macの場合、WindowsでインストールしたXAMPPとは違うソフトウェア、MAMPをインストールします。

MAMPはXAMPPと似てますが、PHPのバージョンやWebサーバを( Nginx or Apache )切り替えることができたり、Pythonが付属してたり、違いがあります。

XAMPPはMacでも使うことができますが、操作や導入のしやすさから私はMacではMAMPをおすすめしています。

Ex: Dockerを使う場合

他にもいろいろありますが、一つにDockerを使って開発環境を構築する方法があります。
開発環境ごとに言語のバージョンやツールのバージョンを設定することができ、特に複数人の開発のときに力を発揮してくれます。

ですが、あまり初学者にはおすすめしません。

初学者におすすめしない理由

Dockerを使って開発環境を構築する際、多少なりともDockerの知識が必要になります。
PHPの開発を始めるために開発環境を用意するはずが、サーバーや仮想化技術の勉強で最初の時間が取られるようになり、本末転倒です。

最初のうちは、あまり経験的にも活用する場面は多くないので、すぐに勉強を始められる体制をとったほうがいいと思います。

XAMMPやMAMPではサーバーの知識が全く必要ないってことではありませんが、知らなくても実行環境を整えることができます。

それでもやりたい方は下記をどうぞ。

URL

動かしてみよう

開発環境の設定が終わったら、PHPのコードを実際に動かしていきましょう。

まずはsample.phpというファイルを作成し、文字列を表示してみましょう。

OSや使う開発環境によって、ファイルを作る場所が違いますので注意してください。

Mac (MAMP) の場合

/Applications/MAMP/htdocs

上記のフォルダにsample.phpを作りましょう。

Windows (XAMPP) の場合

C:xampp/htdocs

上記のフォルダにsample.phpを作りましょう。

コードを書く

ファイルを作ったら、中身を書いていきましょう。
下記と同じように書いてみてください。

<?php
echo "hello!";
?>

確認してみよう

コードが書けたら、保存し確認してみましょう。

XAMPP, MAMPが起動していないと確認できないので注意しましょう。

http://localhost:8888/sample.php

8888の部分 (ポート番号) は環境によって変わります。自分の環境で設定しているポート番号にしましょう。

PHPでの文字出力

echo

print

困ったら、var_dump